期間従業員の求人の特徴と注意点

期間従業員の求人は、派遣ではなく、契約社員の仕事です。派遣とよく誤解されているのは、派遣会社から募集がかけられていることも多いからでしょう。
派遣会社から求人が出されている場合には、まずは派遣会社に登録をして、担当者のサポートを受けながら、面接、健康診断、研修などをクリアしていくことになります。



派遣会社のサポートを受けたほうが、なにかとメリットがありますが、入社祝金がダブルでもらえるという金銭的なメリットが出ることもあるので、なるべくたくさんの求人を比較して、一番条件が良くなる方法で応募をするのが良いでしょう。
期間従業員は契約社員の仕事なので、最終的にはメーカーと直接労働契約を結ぶことになります。
メーカーの従業員となるため、福利厚生などもメーカーのものを受けられます。

社会保険の健康保険証をもらったら、勤務先のところに派遣会社ではなく、勤務しているメーカーの名前が書かれていることを確認しておきましょう。契約期間は6ケ月となることが多いですが、基本的には期間満了まで働かなくてはなりません。

毎日新聞について親身になってアドバイスいたします。

家族の病気など、やむを得ない事情があるケースでは仕方ありませんが、「6ヶ月間は働きます」といった約束をしていることになるので、自分勝手な事情で退職をすることは、社会人としてのマナーに反します。



満了金がもらえることも1つの理由ですが、そうでなくても、契約をした期間は最後まで働く意志を持っているということが、期間従業員として働く上で重要なことの1つです。